2009年11月22日

BD/DVDレポート (6) ST11 [米BD+エンタープライズ] 編

エンタープライズ

本国Amazon.com 限定のST11エンタープライズ・レプリカモデルつきブルーレイが届きました。5,000個限定で一時期予約が止まっていましたが、現時点では普通に買えるようです。
予約価格+送料 (荷物が大きいせいか、なぜか航空便しか選べず?) で 119.67ドルでした。

外箱
側面

外箱の側面には、連邦から届けられたというメッセージが書かれています。
開封
BD

モデルが本編で使われたエンタープライズのデータを基に造られた、ということの保証書 (コピー) が入っています。
裏
ケース

BD裏面のデータは、日本版とは異なり取り外せる紙になっています。箱ケースもありますね。
ケース裏

中身
同梱

こちらは3枚組で、3枚目は DVD-ROM です。一応再生はできますが、ROMとして使うように表示されるだけです。
それにはPCや携帯プレイヤーで観られる本編のデジタルコピー版が収録されており、iTunes でダウンロードするためのコードが印刷された紙も入っています。ただし米国・カナダの iTunes Store しか対応していませんでした。
デジタルコピーのWMV版は利用できます。ファイルは 1.24GB (サイズ:720×300) と、携帯プレイヤー向けと思われる 524MB (320×126) の2種類。いずれも英語音声のみです。
また DVD-ROM にはゲーム D-A-C の体験版も入っており、Xbox 360 に入れるとそのまま遊べます。

同梱表

同梱紙の表面は、experience-the-enterprise.com で使えるようになっています (BDのジャケットでも可)。ウェブカメラでその紙を映すとPC上でエンタープライズが合成されて表示され、自由に動かしたり武器を撃ったりして遊べるサイトです (YouTube のデモ)。実際にやってみましたが、ウェブカメラの起動までしばらく時間がかかる点には注意。来年10月26日までのサービスのようです。


本編のBlu-rayディスクは、日本のプレイヤーでも普通に再生できます。DVDとは異なり、リージョンコードが日本と米国で同じためです (もっともリージョンフリーの可能性もありますが、確認できず)。
日本語吹き替え・字幕などは収録されていません。基本仕様は日本版と同じですが、いくつか細かいところで異なっています。
・ディスク表面が黒ではなく銀 (日本のDVD同様)
・これも日本DVDと同じく、最初に他作品の宣伝がある
・本編の最初にレーティング (PG-13) 表示が出る
・通常の英語字幕のほか、SDH字幕もある (聴覚視聴者向け。しゃべっている人や効果音も表示)


エンタープライズの模型は全長 21.6cm (高さは台座入れて約14cm) と小振りながらも、金属製だけあって見た目より重量感があります。実際に量ってみたところ、約710gでした。
こちらのエンタープライズ型DVDケースと同じくスケールを計算してみると、約1/3360 となります。

モデル
エンタープライズ
エンタープライズ
エンタープライズ
エンタープライズ
エンタープライズ
拡大
DVDケースと
DVDケースと一緒に

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133554384
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。