2008年04月13日

ムーア、新たな宇宙船ものを製作

The Hollywood Reporter によると、ロナルド・D・ムーアによる2時間パイロット、"Virtuality" 「ヴァーチャリティ」の放送を米FOXが決定しました (TrekWeb.com excite翻訳)。

ストーリー
地球初の宇宙艦フェートン (Phaeton) が舞台で、クルーとして遠い星系を探索する 10年の旅を行う、12人の宇宙飛行士が描かれる。長時間の旅に耐えて精神を保つため、NASA は船に高度なヴァーチャル・リアリティ装置を取り付けた。そのおかげでクルーは冒険心を備え、好きな場所を訪れることができる。計画は完璧だったが、システム内に謎の「バグ」が発見される。

7月に製作開始予定です。こういう「もしシリーズ化されなくても、単独(TV)映画として成り立つパイロット版」のことを、バックドア・パイロット (backdoor pilot) って言うんですねえ。こういった英和辞書に載ることもないような、専門用語やスラングには、Wikipedia が本当に便利です。記事中にバーマンという名前がありますが、リック・バーマンとは別人です。

ムーアはTNG/DS9脚本・製作として数々の名作を残し、その後現在スーパー! ドラマTVでも放送中の「バトルスター・ギャラクティカ」の製作総指揮になりました。ギャラクティカはCSでは残念ながら字幕版ですが、来月からリリースが始まるDVDボックスには吹き替えも収録されています (第1シーズン前半後半公式サイト)。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。