2009年11月22日

BD/DVDレポート (6) ST11 [米BD+エンタープライズ] 編

エンタープライズ

本国Amazon.com 限定のST11エンタープライズ・レプリカモデルつきブルーレイが届きました。5,000個限定で一時期予約が止まっていましたが、現時点では普通に買えるようです。
予約価格+送料 (荷物が大きいせいか、なぜか航空便しか選べず?) で 119.67ドルでした。

外箱
側面

外箱の側面には、連邦から届けられたというメッセージが書かれています。
開封
BD

モデルが本編で使われたエンタープライズのデータを基に造られた、ということの保証書 (コピー) が入っています。
裏
ケース

BD裏面のデータは、日本版とは異なり取り外せる紙になっています。箱ケースもありますね。
ケース裏

記事の続きを読む

2009年11月19日

パーティ、イースターエッグ、フリンジ

ST11・BD&DVD発売記念パーティの模様 (TrekMovie.com)
ウォルター・ケーニッグ
ブルース・グリーンウッド
ジョン・チョウ
ゾーイ・サルダナ
カール・アーバン
レナード・ニモイ
クリストファー・ロイド
ザッカリー・クイント
など

ST11イースターエッグの画像 (TrekMovie.com)
公開時に取り上げた小ネタのキャプチャー画像。R2-D2は「左下に向けて」が正解です。
R2-D2


★『海外ドラマ「FRINGE/フリンジ」BD/DVD詳細発表』 (AV Watch)
予約も始まっています (第1話ブルーレイDVD/第1シーズンBD&DVD (前半後半))

★「星出彰彦宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在の決定について」 (JAXA)
AstroArts
sorae.jp

2009年11月18日

ST11/異星人、グッズ、パーティ

ST11のBD映像特典、ゴーンと吸塩獣 (TrekMovie.com)
ブルーレイのみの特典で、本編には登場しなかった異星人。それぞれ「怪獣ゴーンとの対決」「惑星M113の吸血獣」からですが、特典を観ていたのに気づきませんでした。
ソルト・ヴァンパイアはまだしも、ゴーン人は……。
ST11のゴーン


高品位グッズが発表 (TrekMovie.com)
・QMx
既報のST11版エンタープライズに加え、ケルヴィンのレプリカ大小2種。フェイザーのプロップも。
・eFX
旧シリーズ・映画のプロップレプリカ、ゲームに登場したものを含め船のレプリカ
・Hollywood Collectibles
旧シリーズの12&18インチ・レジン像。149.95ドル〜249.95ドル。
・ANOVOS
ST11&旧シリーズの制服レプリカ。ST11版は499.95ドル〜1099.95ドル。

★「映画『スター・トレック』のDVD発売記念パーティにザッカリー・クイント等が登場」 (TimeWarp)

2009年11月15日

カレンダー、ゲームDAC、月に水

来年用カレンダーのレビュー (TrekMovie.com)
ST11版TOS版Ships of the Line 全て発売中ですが、日付部分がどのようになっているかの画像もあります。
観賞用の Ships...は別にして、実用目的だと日付部分の見やすさが重要なんですよね。

★ST11を (一応) モチーフにしたゲーム、"Star Trek: D-A-C" のプレイステーション3および Windows でのダウンロード提供が始まりました。
ゲームの内容について詳しくは、先行提供されていた Xbox 360版のレポートを御覧下さい。

PS3は北米アカウント経由の PlayStation Store、PC版は Steam で購入できます。
PS3版のデモ (体験版) はアカウントを取りさえすれば大丈夫で、その後日本のアカウントで遊ぶことも出来ますが、フルバージョンの購入には北米版ネットワークカードなどの手段が必要です。
デモでも対戦モードの一部を楽しめます。

Xbox 360版に比べて半年後のリリースということで、船のクラス、モード、マップ、アイテムなどが追加されています。今後360版も無償アップデートされるようです (GameZone excite翻訳)。


★「月に水の証拠=探査機衝突で検出−NASA」 (時事ドットコム)
日テレNEWS24
AFPBB News

それを記念して Google のロゴも変更中です。

2009年11月13日

ST11イベント、アート本、STO

★『最新作「スター・トレック」BDのサイエンス試写会』 (AV Watch)
シネマトゥデイ
eiga.com
nikkansports.com
マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/08/005/index.html


サーチナ
ふるせエリア

ST11のBD発売記念イベント。
古瀬絵理さんは以前ブログでもTOSについて触れていました。竹内薫さんは「たけしのコマネチ大学数学科」に出てますね。


TSUTAYAレンタルDVDランキング、ST11は7位
シネマトゥデイ
連続海外ドラマは強いですね…。

★新刊 "Star Trek: The Art of Film" の先行公開
ST11の本国BD/DVDリリースに合わせてようやく発売されるメイキング本の内容が、ようやく明らかになってきました。過去のST11のスチール写真のように、各サイトそれぞれで別のページが独占公開されています。
エンタープライズやクリンゴン艦のデザイン (Wired.com)
ナラーダ (IGN)
ナラーダ艦内 (SCI Fi Wire excite翻訳)
ルラ・ペンテ (Ain't It Cool News excite翻訳)
異星人のイラスト (TrekMovie.com)
デルタ・ヴェガの怪物 (MTV Movies Blog excite翻訳)
未使用に終わった酒場 (io9 excite翻訳)

★「JJ.エイブラムスが『スター・トレック2』について語る!」 (サーチナ)
原文 (TrekMovie.com、10/8づけ)。もちろんタイトルは決まっていません。

★『最新科学で謎の事件に挑むドラマ「FRINGE」がBlu-ray化』 (AV Watch)
エイブラムス組が手がけており、レナード・ニモイがゲスト出演しています。

★『竹内結子、米TVドラマ「フラッシュフォワード」に出演!』 (eiga.com)
本文中にあるようにジョン・チョウがレギュラー出演しているほか、共同企画・製作総指揮はTNG・VOY・ENTで活躍したブラノン・ブラガです。

●『トレッキーの皆さん,お待たせ! 「スタートレック」をテーマにしたMMORPG,「Star Trek Online」は2010年2月2日にリリース』 (4Gamer.net)
ST11が一段落ついた今、やっとで来年の目玉となりそうです。
その後、公式サイトでPCのシステム動作環境が公表されています。下側が推奨環境です。


●『「スタートレック」生みの親、テレビの殿堂入りへ』 (Reuters)
なぜか写真には最近公開されたカークの蝋人形 (TrekMovie.com) が使われています。

AIRWALKのスタートレック・スニーカー (TrekMovie.com)

2009年11月10日

BD/DVDレポート (3) ST11 [エンタープライズDVD] 編

ブルーレイに続き、DVDの紹介です。
本来Blu-rayを買えば必要ありませんが、個人的にBDは再生機器が限られていて気軽に内容をチェックできなかったり、家族に見せるのもめんどくさいことになるので購入するつもりでした。ちょうどBDにはないエンタープライズ型のDVDケースつきが発売されるとのことで、そちらを入手しました。
スター・トレック エンタープライズ号BOX

スター・トレック エンタープライズ号BOX
6,279円 (税込)
2枚組
品番 PPSJ 1056
片面2層

Disc 1 本編 127分+特典26分
音声 オリジナル (英語) 5.1ch サラウンド
日本語吹き替え 5.1ch サラウンド
音声解説 (英語) 2.0ch ステレオ

Disc 2 特典 82分

DVD
DVD
DVD

DVDは単品発売版 (4,179円) がそのまま入っています。
映像特典の違いについては、ブルーレイの記事を参照して下さい。
BDとは異なり、最初に他作品の宣伝が入っています (飛ばすこともできます)。
平均ビットレートは6.16Mで、標準〜やや低いぐらい。Disc 1にも特典が入っていますが、2枚目だけにすれば画質も上がったんでしょうけどね。
もっとも本国では特典ディスクのない一枚だけのバージョンが発売されており、その兼ね合いもあるとは思います。そういえば確認していませんが、日本でもレンタルは一枚でしょうか。

DVD
DVD
DVD
写真のDVDは別売りです、もちろん


エンタープライズの出来はそれほど精巧ではありませんが、価格を考えるとこの程度でしょうね。
大きさは27.5cmほどで、BD映像特典によれば2379.75フィート=725.348mの設定ですから、スケールは約1/2600となります。
エンタープライズの立体としては劇場公開に合わせてプレイメイツ社の製品も出ましたが、輸入トイの御多分に漏れず既に入手困難になっているようです。
ほかは本国版ブルーレイで金属モデルつきも予定されています。プラモデルレプリカモデルは、続報がありませんね。

DVD
バンダイ製で唯一組み立てた、TMPエンタープライズと一緒に

2009年11月09日

BD/DVDレポート (2) ST11 [BD/Disc2] 編

スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション

昨日に引き続きブルーレイの2枚目、特典映像ディスクの紹介です。
★★はDVDには収録されておらず、Blu-rayのみの特典となります。
収録時間は、クレジット部分などの差異で多少異なる場合があります。
インタビューを受けている人は、収録順に初登場のコーナーだけ記しています。

一部の特典は「PLAY EXTENDED」を指定すると再生中に右下に艦隊マークが出てきて、決定ボタンを押すと「ブランチング・ポッド」と呼ばれるサブ映像を再生することができます。再生が終わると、メインのボタンを押したときに戻ります。この映像は全てメニューから単独で選ぶこともできます。
なおDVDにはブランチング・ポッド (以下BP) 映像はありません。

人類未到の宇宙へ (16:41)
レナード・ニモイ [老スポック]
J・J・エイブラムス (監督)
ロベルト・オーチー (脚本)
アレックス・カーツマン (脚本)
デイモン・リンデロフ (製作補)
ブライアン・バーク (製作総指揮)

企画の立ち上げやカメラテスト映像など。エンサイクロペディアの初版が置いてありました。

BP
・ウィリアム・シャトナーについて (1:58)
出演していなくても、やはり触れざるを得ないようです
・赤シャツ伝説 (0:43)
グレッグ・エリス [オルソン]
・緑色の女性 ゲイラに変身 (3:25)
レイチェル・ニコルズ [ゲイラ]
・トレッカー警報! (2:22)
エキストラに多くファンが参加

キャスティング (28:53)
ザッカリー・クイント [スポック]
カール・アーバン [マッコイ]
クリス・パイン [カーク]
ジョン・チョウ [スールー]
ゾーイ・サルダナ [ウフーラ]
ブルース・グリーンウッド [パイク]
アントン・イェルチン [チェコフ]
ニシェル・ニコルズ [TOS ウフーラ]
サイモン・ペグ [スコット]
トミー・ゴームリー (チーフ助監督)
エリック・バナ [ネロ]

エイブラムスは当初、スールー役が韓国人であることを憂慮したんですね。

新たなビジョン (19:31)
スコット・チャンブリス (プロダクション・デザイナー)
ジェフリー・チャーノフ (製作総指揮)
ロジャー・ガイエット (視覚効果監修)
ダン・ミンデル (撮影)
ラッセル・アール (ILM視覚効果監修)
ポール・カヴァナー (ILMアニメーション監修)

どのように描くかということで、ロケも多用されています。エイブラムスはカメラを揺らすとは聞いていましたが、まさかここまでとは…。

BP
・トム・ゴームリーの口癖 (3:08)
スコットランド人のスタッフ

★★宇宙船 (24:33)
ファラン・タヒール [ロバウ]
アンディ・フロレス (セットペインター)
ベッキー・ブレイク (統括ロケーションマネージャー)
ジェニファー・モリソン [ウィノーナ]
アレックス・イエーガー (視覚効果アート・ディレクター)
ブルース・ホルコム (デジタルモデル監修)
ジョン・グッドソン (デジタルモデル)
ロン・ウッドオール (VIEWPAINT監修)

ケルヴィン、エンタープライズ、ナラーダについて。エンタープライズはワープ前にナセルの一部が稼働していることに、言われて気づきました。
関係ありませんが、途中エイブラムスが「テクノラーメン」とカタカナで書かれたTシャツを着ていました。これっぽいですね。

BP
・ワープについて (1:22)
・外装の描き方 (1:14)
・ブリッジが完成する模様 (1:18)
定点カメラの映像
・指揮官の椅子 (0:45)
エクトル・M・ゴンサレス (セット装飾)
・ボタン操作の演技について (1:44)
・ナラーダ号が完成する模様 (1:20)
・シャトルについて (1:46)
カート・ビーチ (アート・ディレクター)

記事の続きを読む

2009年11月08日

BD/DVDレポート (1) ST11 [BD/Disc1] 編

6日に大量発売されたブルーレイ&DVDのうち、購入したものを順次レポートしていきたいと思います。
まずはやっぱり新作映画「スター・トレック」から、Blu-ray版です。
スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション

スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション
4,998円 (税込)
2枚組
品番 PPWB 113627
16:9 LB (1080p Hi-Def)

Disc 1 本編 127分
音声 オリジナル (英語) 5.1ch ドルビーTrueHD
日本語吹き替え・タイ語吹き替え 5.1ch サラウンド
音声解説 (英語) 2.0ch ステレオ

Disc 2 特典 221分

内装

キャンペーンの応募ハガキがついています。ST11を含む (DVDも可) 新作に加えて指定タイトルの作品を買うと、さらにもう一枚もらえるというものです。

特典ディスクだけで3時間半以上もあって全然見切れていないため、まずは本編ディスクだけについて触れます。DVDにはDisc 1にも映像特典が入っていますが、BDは全て2枚目にまとめられています。

最初にメニューの言語を選ぶことができます。ロード画面にはエンタープライズが出てきて、メニュー画面で大きく表示されます。
画質は当然ながら全く問題ありません。なおWOWOWでの放映でもそうでしたが、16:9より横に長いため上下に黒帯が出ます。
チャプター分割数はエンディングを含め15です。
ファンの考察には欠かせない英語字幕は、基本的にTVシリーズのDVDだとほぼ原語通りの収録、古い映画だと省略も多いものになります。全て確認したわけではありませんが、今回は基本的に前者と考えていいようです。ただロシア語は表示されませんね (「ヨーマイヨー」?)。

今回は吹き替えで視聴し、全くと言っていいほど違和感なく楽しめました。明らかに声優が下手だったり、即座に誤訳とわかってしまうようなセリフもありません。まぁミスとは言えないものの、字幕と同程度の「ちょっと残念な」レベルの翻訳はありましたが。

声優陣で印象に残ったのは、
・スポックは時折トゥヴォック (青山さん) に似ている時も
・スコットやジョージ・カークは原語に似ている
・チェコフのロシアなまりは微妙につたない話し方で再現

今作はセリフがそこまでややこしくないですが、それでもやはり吹き替えの情報量の多さは素直に感じました。特にセリフが複数同時に話されるシーンが比較的多く、これは吹き替えの独擅場ですね。

めまぐるしい階級や立場の変化もあって敬語が難しいと感じていましたが、それもほとんど大丈夫でした。この辺は解釈の問題もありますしね。
クルーの呼び名は伝統に則り、「チャーリー・スコット」「加藤 (ジャケットで漢字表記)」「ウラ」でした。
その他の細かい考察は以前の記事の再検証も含め、また後日できればと思います。
ラスト近くのスコットの「合点承知よ、船長」には笑いましたね。

声優クレジットは雑誌付録と同じものが入っており、安心しました。


特典の音声解説つきでも視聴しました。
解説者は J・J・エイブラムス (監督)、ブライアン・バーク (製作総指揮)、アレックス・カーツマン (脚本)、デイモン・リンデロフ (製作補)、ロベルト・オーチー (脚本) の5人。ただし別々のトラックではなく一つの場で話しているので、はっきり言って誰が誰だかわかりません。エイブラムスは何とか…。

いつもの解説のように、裏話を次々と明かしてくれます。「スター・ウォーズ」や「インディ・ジョーンズ」の名前がしょっちゅう出ていました。
最近ネット上で明らかになった、TNGウェスリー役ウィル・ウィートンがどこで声の出演をしているかもわかります。

もう一つネット接続による特典のBD-LIVE機能では、英語ですがNASAの情報を閲覧できました。

2009年11月05日

ST11のBD/DVD明日発売、雑誌付録で予習

新作映画「スター・トレック」のブルーレイ&DVDは、リリースが明日に迫りました。
現在発売中の週刊SPA! 11月10日号には、付録として本編を47分も収録したDVDがついています。
…なぜか「47」ですね。
SPA!付録

先日のWOWOW&スター・チャンネルでの放映もそうですが、ここでも「見せて売る」手法が使われているようです。それほど内容に自信があり、とにかく観てもらえば面白さがわかるといったところでしょうか。これまでのシリーズもそうですが、一度観てもらうのがいかにハードルが高いことか…。

DVDは付録であることを示すメニューや導入部などはなく、いきなり市販品のようにパラマウントのロゴから始まります。
本編は何と吹き替えのみで、原語は収録されていません。ただし日本語字幕は入っています (吹き替え用字幕もあり)。
字幕を数ヶ所チェックしたところ、WOWOWでの劇場版を多少修正したものと同一のようです。

本編がいきなり終わった後はしばらく暗転を挟み、エンドクレジットはそのまま入っています (メイン&その後のクレジットも全て)。すでに観た方ならわかると思いますがラストからエンディングにかけて音楽の流れがあるため、どうしても最初に違和感が…。

吹き替えの内容自体についてはBD/DVD入手後に改めて取り上げるつもりなので詳しくは触れませんが、やっぱりいいですね。きちんと役名なしの端役に至るまで声優クレジットが入っており、もしかするとここまで詳しいのはセル版でもわからないかも? 役名ありの主な声優については既報の記事でほとんど判明済みですが、唯一アイエル役は桐本琢也さんとわかりました。
以下は役名なしの方々です (判明済みは除く。*は役名ありと重複、別役もやっている?)
記事の続きを読む

2009年10月10日

ST11、BS/CSで先行放映!

新作映画「スター・トレック」が、WOWOW およびスター・チャンネルでブルーレイ&DVD発売前に放映されることが昨日発表されました。

WOWOW
10月30日(金) 22:00〜深夜 0:10

スター・チャンネル
10月31日(土) 21:00〜23:15

当然字幕版です。
「特別先行放送」「一夜限りの緊急先行放送」などと書かれており、スター・チャンネルでは専用ページを設けるほどの力の入れよう。
通常みっちりと予定が決まっている専門チャンネルでは珍しく、月刊雑誌やこれまでのサイト上で発表されていた別作品を押しのけての日本初オンエアとなります。
スター・チャンネル専用ページ

大抵は映画のリリースの順番としては
BD・DVD発売→PPV (スカパーなど)→WOWOWやスターCHなどの高額チャンネル→ (その他の局→) 地上波
といった流れをたどりますが、新作ハリウッド映画、もちろんスタートレックの映画でこのような特別扱いがされるのは極めて異例と言っていいはずです。
本来セルやレンタルの売り上げが下がるのを嫌がるはずですが、わざわざサイト上で発売日が書いてあったり、逆に販促としての効果を狙っているんでしょうね。強気です。

何にせよ一足早く家庭のテレビ (もちろん対応していれば、どちらの局もハイビジョン) で楽しめるのは素晴らしいことです。私も早速オプション契約を申し込みました。


なお本日から福岡県飯塚市の飯塚シネマセントラルで再上映 (遅延上映) が始まります。
何でも経営難で一旦閉館した後、市民の声で復活した映画館だそうです。
そのほか、東京の三軒茶屋シネマでも16日(金)まで上映される予定です。

2009年10月01日

ST11再上映、福岡でも

掲示板 Nine Forward で頂いた情報によると、新作映画「スター・トレック」の再上映 (遅延上映) が福岡県飯塚市の飯塚シネマセントラルで行われます。10月10日(土)からで、少なくとも23日(金)までは予定されています。

福岡市内ではありませんが、バスセンターのすぐそばなので比較的行きやすいでしょうか。

ほかの再上映劇場では、大阪のホクテンザ2 が明日2日(金)までで終了、東京の三軒茶屋シネマがが3日(土)から始まる予定です。


来月に発売が迫ったブルーレイ&DVDは、いつのまにかAmazon.co.jp掲載のジャケットが少し変わっていました。
スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

2009年09月19日

ST11大阪で再上映、来月から東京でも

掲示板 Nine Forward で頂いた情報によると、本日9月19日から大阪市北区のホクテンザ2で、新作映画「スター・トレック」が上映されます。
公式サイトのない昔ながらの映画館のようですので、MovieWalker に上映スケジュールが掲載されています。10月2日までの2週間の予定です。


大きな地図で見る


同サイトでは、東京都世田谷区の三軒茶屋シネマでも10月3日から上映されると掲載されています。

2009年08月30日

米ST11限定BD、エンタープライズのモデルつき

本国版の新作映画「スター・トレック」ブルーレイのセットとして、Amazon.com限定のエンタープライズ・レプリカモデル同梱版が発表されました (TrekMovie.com)。
米ST11BD限定セットのエンタープライズ


5,000セット限定で、エンタープライズは8.5インチ (約21.6cm) の金属製です。現時点での予約価格は90.99ドル (約8,500円)。
日本でもエンタープライズBOXが発売されますが、DVDを収容できるケースであり、大きさも異なるので全く関係ないと思われます。

2009年08月20日

続・ST11の声優

「スター・トレック エンタープライズ号BOX」

新作映画「スター・トレック」のBD/DVD記事で紹介したパラマウント公式サイトには、きちんと一通りの声優が掲載されています。
前回の声優記事で一部判明した分を含め、以下の通りです (太字が今回判明分)。メインキャスト12人全員はもちろん、ジョージ&ウィノナ役もわかりました。

カーク…阪口周平
スポック…喜山茂雄
マッコイ…宮内敦士
スコット…根本泰彦
スールー…浪川大輔
ウフーラ…東條加那子
チェコフ…栗野志門
未来のスポック…菅生隆之
ネロ…山野井仁
パイク…田中正彦
サレク…佐々木睦
アマンダ…岡寛恵
ジョージ・カーク…松田健一郎
ウィノナ・カーク…牛田裕子

今回も過去のスタートレック出演作を調べてみました。…といっても、確認できたのはパイク船長役の田中正彦さんの一人だけでした。
田中さんはTNG・VOY・ENT・映画で出演歴があります。特にVOY「ワームホールの崩壊」に登場したロミュランのテレク・ルモール、「超進化惑星の煌き」の宇宙飛行士ゴタナ・レッズ、映画「叛乱」のバクー人ソジェフが印象深いですね。


2009年08月17日

ST11、TOS2、TNG映画のBD/DVD同時発売

(追記) 購入レポートを掲載しました
ST11ブルーレイ
ブルーレイ特典
ST11・DVD (エンタープライズつき)
TOS第2シーズンBD
TNG映画BD

---
かねてから発売が予想されていたブルーレイやDVD商品が、11月6日に一挙リリースされることが発表されました。以下の品番はパラマウント公式サイトへのリンクで、特典などの詳細が掲載されています。

まずは何と言っても新作映画「スター・トレック」のブルーレイ&DVDから。全3種類です。

「スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション」 (Blu-ray版)
スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション

4,998円 (税込)
PPWB113627
Amazon.co.jpに紹介動画あり

DVD版
4,179円 (税込)
PPF113627

「スター・トレック エンタープライズ号BOX」<7,000セット限定>
6,279円 (税込)
PPSJ1056

吹き替え版の一般初公開はもちろん、削除シーンをはじめとする特典があり、BD版のみの特典も多くあります。
本国版Blu-rayにある、デジタルコピーなどを収録した3枚目の特典ディスクは、予想通り割愛されましたね。また、特典ディスクのない一枚版DVDも見当たりません (レンタルも同日開始の可能性があり、それは一枚でしょうね)。
ただ発売日が11月6日なので、17日に予定されている米国よりも早いということに…?

本国版にはない「エンタープライズ号BOX」は、Amazon.co.jpの画像を拡大すると「エンタープライズ号の中にDVDが収録出来る!」と書かれています。もう一つのケースの写真には、10.65インチ (約27cm) とあります。
DVD版だけで、ブルーレイBOXはありません。
エンタープライズ号BOX



そして5月発売の第1シーズン (なお現時点でのAmazonでは33%割引) に続く、TOS第2シーズンのBD版です。

宇宙大作戦 コンプリート・シーズン2 ブルーレイBOX
宇宙大作戦 コンプリート・シーズン2 ブルーレイBOX

30,870円 (税込)
PPWB117797
Amazon.co.jpに紹介動画あり

名作エピソードとしては「宇宙の巨大怪獣」「超小型宇宙船ノーマッドの謎」「イオン嵐の恐怖」「新種クアドトリティケール」「惑星オリオンの侵略」などが収録。シーズン1同様、特撮部分はCG版と従来版を切り替えて視聴できます。
またDVD版と同じくDS9「伝説の時空へ」、TAS「謎の新兵器パラライズ光線」のトリブル・エピソードも入っており、TrekMovie.com によれば両方ともHD版となっています (ただしリマスターHDかは不明。SDのアップコンバートの可能性も)。


さらにTOS映画 (こちらも現時点のAmazonで33%割引) に続いて、TNG映画4作のブルーレイ&DVDも発売されます。全10作のボックス、および未発売のものを含め全ての単品版もリリースです。

スター・トレック 新スター・トレック劇場版BOX (Blu-ray版)
スター・トレック 新スター・トレック劇場版BOX

17,640円 (税込)
PPWB118129
Amazon.co.jpに紹介動画あり

DVD版
10,500円 (税込)
PPS118129

スター・トレックI-X 劇場版BOX(Blu-ray版)
44,100円 (税込)
PPWB118130

DVD版
26,250円 (税込)
PPS118130

以下は単品版です。いずれもブルーレイは4,935円、DVDは2,625円です。
「スター・トレックI/リマスター版スペシャル・コレクターズ・エディション」
BD / DVD
「スター・トレックV 新たなる未知へ/リマスター版スペシャル・コレクターズ・エディション」
BD / DVD
「スター・トレックVII ジェネレーションズ/リマスター版スペシャル・コレクターズ・エディション」
BD / DVD
「スター・トレックVIII ファースト・コンタクト/リマスター版スペシャル・コレクターズ・エディション」
BD / DVD
「スター・トレックIX 叛乱/リマスター版スペシャル・コレクターズ・エディション」
BD / DVD
「スター・トレックX ネメシス/リマスター版スペシャル・コレクターズ・エディション」
BD / DVD

ST2・3・4・6の単品版は、6月に発売済みです (これらのブルーレイ版も、現時点のAmazonで33%割引)。

TNG映画も、「スター・トレック (ローマ数字)」と邦題に統一が図られていますね。


ST11を初めとして発売されることは大歓迎ですが、何も全部同じ日に出さなくても…。
これで直近に発売が予想される商品としては、TOS第3シーズンのBDだけとなりました。


2009年08月09日

「スター・トレック」の声優、一部判明

Amazon.co.jp では発売が見込まれる商品は早くから専用ページが設けられていますが、新作映画「スター・トレック」DVD版のページに吹き替え版の声優キャストが掲載されました。

カーク…阪口周平
スポック…喜山茂雄
未来のスポック…菅生隆之
ネロ…山野井仁
ウフーラ…東條加那子
スールー…浪川大輔
アマンダ…岡寛恵

判明したのは上記の7人のみで、クルーではマッコイ、スコット、チェコフ、メインキャストまで入れるとパイク、サレクも不明のままです。

判明した声優について、過去のスタートレック出演作を調べてみました。
カーク役の阪口さんはENT第1・2シーズンに出演歴があります。「幻影の戦士」「暗黒からの衝撃波(後編)」「危険なコンタクト」「転送空間の恐怖」「地獄への護送船」「覚醒する恐怖」で確認しています。

スールー役の浪川さんはレギュラー経験者で、DS9第1・2シーズンのジェイク・シスコ役でした。

アマンダ・グレイソン役の岡さんも同じく元レギュラー、ENT第1・2シーズンでホシ・サトウを演じました。それ以前にENT「幻の帰還計画」でも出演歴があります。

ネロ役の山野井さんは、VOY「地獄星からの脱出」「遠隔起源説」、ENT「突然変異」で確認。「遠隔〜」のトーラ・ヴィア役が印象深いでしょうか。

未来のスポック=スポック・プライム役の菅生さんは、唯一の継続しなければならない声優ということで、当然の配役ですね。TOS完全版ビデオの補完に始まり、DVD補完、映画LD・DVD補完、映画完全版DVD新録、そしてDS9「伝説の時空へ」に至るまで、「現在の」スポック役です。

スポック役の喜山さん、ウフーラ役の東條さんは確認できませんでした。

たとえ今は有名声優でなくとも、一定の水準を保ってくれれば全く問題ないので、早く聴いてみたいですね。「知名度より演技力」というのは、新作のみならずこれまでのシリーズの俳優にも受け継がれてきたわけで。
機内上映では既にやってるようです。

2009年08月01日

まだST11を上映中の劇場を発見

ポスター

新作映画「スター・トレック」の公式サイト上では、7月4日から遅れて始まった銀座シネパトスの上映をもって、17日までで全て終了したことになっていました。
ですが久々に確認してみたら日本全国でただ一個所、シネマート六本木で現在も上映しています。ブログによると7月18日から始まっていたようで、少なくとも来週金曜の7日までは予定されてますね (7日は20:15の回はなし)。

52席という小さなスクリーンのようですが、本上映で見逃した方はもちろん、まだ観足りない方にもうってつけです。夏休みということもありますしね。

2009年07月26日

ST11米BD、レプリカ、ST2サントラ

米国版ST11ブルーレイ&DVDのパッケージ (TrekMovie.com)

米国版ST11ブルーレイ

最終版ではない可能性があります。4種類のピンズがついた限定ギフトセットも。
特設サイトも公開され、撮影風景などのプレビュー映像を観られます (HD版あり)

ST11の日本での興収は5.82億円か (アニメ! アニメ!)
「興行成績は、一部推定」とのことです。確か前作「ネメシス」は、雑誌で3億円とありましたね。
米国では250億円を超えていますので、約40分の1ということになります。全体的に洋画は厳しいようですが。

ST11エンタープライズのレプリカモデル (TrekMovie.com)
「スタジオスケール」の34インチ (約86cm)、24色による手作業塗装済み。200個所が発光 (ワープエンジンなども再現) するSFX版と通常版の2種類。追加料金でダメージ版にも対応。9月から予約開始、受注生産で要1〜2ヶ月。
価格は未発表ですが、一体いくらするのやら…。お求めやすい15インチ版も予定されているそうです。

新商品、立体プリント excite翻訳 (Roddenberry Productions)
メガネなしに飛び出して見えるということで、日本のST11ポスターみたいなもんでしょうか? デザイナーのサイト excite翻訳 には拡大画像のほか、赤青メガネ用のものも掲載されています。

ST11コミックのサンプル (IDW Publishing Forums, TrekWeb.com)

映画ST2の完全版サウンドトラック (Film Score Monthly, TrekMovie.com)
23曲入りで76:58収録。完全版と言っても数曲増えた程度だろうと思って旧版を手元のiTunesで確認したら、たったの9曲 (約45分) でした。これだけ増えてるならと注文してみると、すぐに発送。到着したらまたレポートします。

ファン製作の「TAS風」ムービー、Starship Farragut "Power Source"

2009年07月18日

ST11の米国版BD/DVD公式発表、デジタルコピーつき

新作映画「スター・トレック」のブルーレイ&DVD、本国版が正式発表されました (TrekMovie.com)。
映像特典などは以前の記事で紹介しています。

形態は
・Blu-ray 3枚組 (39.99ドル)
・DVD 2枚組 (39.99ドル)
・DVD 1枚 (29.99ドル)
の3種類で、1枚売りのDVDにも特典が少し入っています。それに特典ディスクを加えたものが2枚組で、もちろんBDには全ての特典に加え専用のものもあります。

ブルーレイと2枚組DVDには、「デジタルコピー」という特典が入っています。だからBDなのに3枚組になってるんですね (この3枚目までBD仕様かは不明)。
これはあらかじめPCや携帯デバイスなどに転送して作品を楽しめるようにしてある特典で、AV Watchの記事に詳しいです。ただ日本では「マトリックス」のBDボックスから省かれてしまったり、初となった「ダークナイト」でもiPod非対応だったり (しかもディスク収録ではなくダウンロード仕様)、いろいろとあるようですね。ST11も日本版ではどうなるか微妙なところです。

発売日は11月17日。日本では年内に間に合うでしょうか?

2009年07月09日

俳優、XP用テーマ、パトカーアダム30

★「【映画業界研究】洋画の巻き返しなるか? パラマウント代表を直撃!」 (ムビコレ)
『スター・トレック』はキャストが一新されて若返ったので、『ROOKIES』を見ている人たちにも見てほしかったのですが、実際に劇場を訪れると、年配の方が多い印象はありました

★『トニー・スコット監督の新作「アンストッパブル」が製作ストップ?』 (eiga.com)
経済危機余波!ブラピ新作に続きデンゼル・ワシントン主演作もお蔵入り?」 (シネマトゥデイ)
クリス・パイン [ST11 カーク] の出演が決定していた映画

★クリス・パイン出演の舞台、Farragut North (TrekMovie.com)
Los Angels Times excite翻訳
Hollywood Reporter
VARIETY excite翻訳

サイモン・ペグ [ST11 スコット]、長女が誕生 excite翻訳 (USmagazine.com)

ST11ノヴェライズ作者のアラン・ディーン・フォスター、続編小説を執筆 (TrekMovie.com)

TrekFest & TrekFest の写真・動画 (TrekMovie.com)
BAM's Blog
ジョージ・タケイ [TOS スールー]、ニシェル・ニコルズ [TOS ウフーラ]、ウォルター・ケーニッグ [TOS チェコフ]
レナード・ニモイ [TOS スポック]、マリーナ・サーティス [TNG トロイ]、デニス・クロスビー [TNG ヤー]、ジョン・デ・ランシー [TNG/DS9/VOY Q]

ジョージ・タケイ、Ivy Bethune Tri-Union Diversity Awards を受賞 (TrekMovie.com)
ニコルズ、ギャレット・ウォン [VOY キム] も出席

ニシェル・ニコルズ、ネットコメディ "The Cabonauts" に出演 excite翻訳 (公式サイト、TrekMovie.com)

●『「ボストン・パブリック」ジェリー・ライアンが話題のドラマに出演』 (TVGroove.com)

ブルーレイTOS第1シーズンのBD Liveに、新しい映像が近日追加 (TrekMovie.com)
Blu-ray専用の、ネット経由で映像を観られる特典。追加もされるとは知りませんでした

おもちゃの列車 (TrekMovie.com)
collectiblestoday.com

Windows XP用テーマ「テラン帝国」 (Hyperdesk、TrekMovie.com)
日本語OSでも適用できるかは未確認です。14.95ドルで、TOS版もリリース済み

■『「パトカーアダム30」映画化の動き』 (TVGroove.com)
ウィリアム・シャトナー [TOS カーク] が主演したシリーズ。ジェイムズ・ダーレン [DS9 ヴィック] やリチャード・ハード [VOY オーエン] も出演しています。吹き替えではTOS同様、シャトナーの担当は矢島正明さんでした

シャトナー、ダッシュ!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。