2009年07月01日

映画の日&もうすぐ上映終了記念:映像で振り返る

Star Trek Magazine No.19
最新号、紀伊國屋書店に入荷
(本文とは関係ありません)

今日は映画が公開されてから2回目の月初めということで、ほとんどの劇場では1,000円で視聴できる映画の日を再び迎えました。
そして大半の映画館では、明後日3日金曜をもって「スター・トレック」の上映が終了となります。

そこでBDやDVDが出るまでの「つなぎ」として、これまでにネットで出回った予告編・TV CM・映像クリップを振り返ってみたいと思います。
登録サイト向けに公開されているものは、リンクを併記しています。ハイビジョン1080pで提供されているものもあり、DVDより綺麗なはずです。もっともスムーズな再生にはそれなりのマシンパワーもいるので、ご注意を。

米国公式サイトの Videos コーナーでは、右下の "More Trailers..." をクリックすると選択できます。
Apple のサイトでは、iPod/iPhone向けの映像もあらかじめ用意されています。

予告編 TRAILERS
・第1弾 (特報・ティーザー) 08年1月
米国Apple…TRAILER 1、日本…特報2
エンタープライズ建造中と映画製作中を引っかけた、専用の映像。"Space: the final frontier" の声はニモイです

HD
1080p / 720p / 480p

SD
Windows Media / /
QuickTime / / / iPod

記事の続きを読む

2009年06月28日

ニモイ受賞、NASA、カレンダーなど

レナード・ニモイ、サターン賞で特別功労賞を受賞 (TrekMovie.com)
授賞式の模様
ギャレット・ウォン (VOY キム)
ロバート・ピカード (VOY ドクター)
ゲイリー・グラハム (ENT ソヴァル)
J・J・エイブラムス

NASA・ISSの第21次長期滞在ポスターがスタートレック風 (TrekMovie.com)
EXPEDITION POSTERS の EXP 21 Poster より、高・低画質のPDFファイルで閲覧できます。
ISSの第21次長期滞在ポスター

Ships of the Line カレンダーの図案 (TrekMovie.com)
Amazon.co.jp

TOSカレンダーは発送されましたが、同時注文した宇宙艦はまだですね。

★「『スター・トレック』のキャラクター、カナダの「バルカン」に集結!?」 (ウェブタブ)

★「余命わずかの友人に『スター・ウォーズ』を観せたい!…そんな映画を日本のファンが署名運動!」 (シネマトゥデイ)
ウィリアム・シャトナー出演

★『ブライアン・フラー「HEROES/ヒーローズ」降板』 (TVGroove.com)

スタートレックとは直接は関係ありませんが
★「アカデミー作品賞の候補10作に倍増 TV視聴率目当て」 (asahi.com)
念願のノミネートを果たせるでしょうか…?

2009年06月26日

ST1.1…新作映画を1.1倍楽しむ (5) 翻訳その他編

ST1.1第5回は、字幕訳や原語ならではの言い回しについてです。それだけでは分量が少なかったので、これまでに扱わなかった小ネタなども一緒に触れています。
まだまだ海外のサイトを含めてリサーチ途中ですので紹介し切れてないネタもあるとは思いますが、「ST1.1」はこれで一区切りとしたいと思います。量が揃えば続く…かも。

掲示板にも投稿しましたが、本日6月26日以前に上映終了となる映画館は数えるほどしかなく、幸い映画の日を過ぎた7月3日が標準上映終了日となるようです。

これまでのネタバレ記事
脚本家Q&A
DOSSIERSの紹介
ST1.1 (1) イースターエッグ編
ST1.1 (2) 設定編
ST1.1 (3) キャラクター編
ST1.1 (4) 用語編

以下ネタバレです。

記事の続きを読む

2009年06月25日

ST11、海外版ブルーレイの詳細

ヨーロッパのサイトで、新作映画のブルーレイ版の情報が明らかになりました (TrekMovie.comThe Digital Bits excite翻訳)。
まだ正式発表ではありませんが、ほぼ間違いないと思っていいようです。
DVD特別版も基本的には同じ仕様です。

(映画のネタバレ可能性あり)

本編仕様
映像:2.35:1 (1080p)
音声:英語ドルビー True HD 5.1、英語音声解説、ドイツ語ドルビーデジタル 5.1、スペイン語ドルビーデジタル 5.1、イタリア語ドルビーデジタル 5.1
字幕:英語、ドイツ語など

特典
オーディオコメンタリー (J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク、アレックス・カーツマン、デイモン・リンデロフ、ロベルト・オーチー)
映像特典
 人類未到の地
  シャトナーの難関
  赤シャツの男
  緑色の女性
  トレッカー警報!
 配役
 新しいビジョン (「辛い圧力」)
 宇宙船
  ワープの説明
  絵画の作業
  ブリッジの建設が進む
  船長席
  ボタン操作
  シャトル・シャッフル
  ナラダの建設が進む
 異星人
  異星人パラドックス
  大きな目の女性
  ベテラン・クイント
  クリンゴン人
  ドラコウリス解剖101
 惑星
  追加作業
  守秘義務
 装備と衣装:クリンゴン衣装
 音声
 音楽
 ジーン・ロッデンベリーのビジョン
削除シーン
 スポックの誕生
 ナラダを捕らえるクリンゴン
 少年カーク、ジョニー、おじフランク
 スポックのケンカについて言い争うアマンダとサレク
 尋問、監獄からの脱出
 サレクとアマンダ
 寝室とコバヤシマル (オリジナル版)
 緑色の女性に謝罪するカーク
 老スポックと会うサレク
宇宙艦隊船シミュレーター (BDのみ?)
スター・トレックのギャグ映像
予告編
 特報
 劇場予告編 "The wait is over"
 劇場予告編 "Prepare for the beginning"
 劇場予告編 "Buckle up"
Xbox 360用Star Trek: D-A-C デモ (予告編)
BD Live機能

発売日は10月〜11月頃のようです。
カットシーンが楽しみですね。

2009年06月21日

ST11/スウィフト、カレンダー、コミック

歌手テイラー・スウィフト、スター・トレックと「夢の競演」 (CMT、TrekMovie.com)
2009 CMT Music Awards のオープニング映像で、テイラーが「夢」について話すという内容

2010年用カレンダーの表紙 (TrekMovie.com)
カレンダー

Amazon.co.jp

★コミック "Star Trek: Nero"、8月から発売 (TrekMovie.comComic Book Resources)
Star Trek: Nero

今回も "Countdown" 同様、映画の脚本家が関わっています。
映画のネタバレ:ネロの空白の25年間を扱うそうです。

2009年06月17日

ST11/プラモデル、興収、構想画など

Round 2 から、初のプラモデル発売 (TrekMovie.com)
エンタープライズのプラモデル
(パッケージは初期案)

新作エンタープライズは、
・2010年後半発売
・1/2500スケール
・11.5インチ (約29.2cm)
・スナップモデル
・ILM提供のCGIスキャンから直に製作
・デカール&稼働スタンド付属
・Polar Lights ブランド
ということです。

ジェリーフィッシュやケルヴィン、反響によっては1/1000エンタープライズも検討中だそうです。
そのほかにも旧製品の改良版再販などが掲載されています。

日本の興行成績、3週目は第8位 (eiga.com)

John Eaves デザイン、造船所の構想画 (Eavesdropping with Johnny)

クリス・パイン公式ファンブログ、完結のお知らせ

★『映画インタビュー:「ターミネーター4」イェルチンさんに聞く 「魂をつかんで」あこがれのカイルに』 (毎日jp)

★「『ミッション:インポッシブル4』はトム・クルーズとJ・J・エイブラムスのコンビで製作」 (シネマトゥデイ)


2009年06月15日

ST1.1…新作映画を1.1倍楽しむ (2) 設定編

ST1.1第2回は、映画の基礎的な設定をいくつか取り上げたいと思います。長文になってしまいました。

これまでのネタバレ記事
脚本家Q&A
DOSSIERSの紹介
ST1.1 (1) イースターエッグ編

以下ネタバレです。

記事の続きを読む

ST11/新トイ、インタビュー

プレイメイツのトイ&フィギュア第2弾 (TrekMovie.com)
第1弾に続き、いろいろと発売されます。
人間フィギュアの顔はさておき、Keenserや怪物2種が面白いですね。
Keenser

★クリス・パインのインタビュー映像 (公式ファンブログ)
『スター・トレック』について
ジェームズ・T・カークについて

アントン・イェルチンのインタビュー (シネマトゥデイ)

★『原点回帰、シンプルなSFに 「スター・トレック」監督』 (asahi.com)
『ミッション:インポッシブル4』制作決定! トム・クルーズ&J.J.コンビ再び」 (マイコミジャーナル)
「M:i:4」でJ・J・エイブラムスとトム・クルーズが再タッグ!』 (eiga.com)


2009年06月12日

ST1.1…新作映画を1.1倍楽しむ (1) イースターエッグ編

映画公開から2週間経ちました。
明日には当然のように新作が公開され、また小さいスクリーンに追いやられてしまいます。

2回目以降を観に行く方向けに、前作ネメシスでもまとめたようなトリヴィア・小ネタ・豆知識を、今回は小出しにして紹介していきたいと考えています (以前公開した脚本家Q&Aと、DOSSIERSの紹介も御覧下さい)。

ちょうど TrekMovie.com で、R2-D2の件の解答のほか、イースターエッグ (隠しネタ) が列挙された記事が掲載されました。そちらに適宜解説を加える形で、「ST1.1」第1回を始めたいと思います。

ネタバレです。

記事の続きを読む

2009年06月11日

ST11/興収、船の大きさ、記事

日本興行成績、2週目は6位 (eiga.com)

★「『スター・トレック』が高視聴率のわけ」 (NHK海外ドラマ・スタッフブログ)

★「米国同様に日本でも『スター・トレック』の新規ファンは増えたのか!?」 (日経トレンディネット)

視覚効果を取り上げた記事 excite翻訳 (CGSociety, TrekMovie.com)
文中の記述によると、
シャトル=30フィート (約9.1m)
エンタープライズ=2,357フィート (約718.4m)
Narada=5マイル (約8km)
となっています。
エンタープライズ
700mオーバー!?

★「今年ブレイク最有力のクリス・パイン、次回作はデンゼル・ワシントンと共演の“Unstoppable”」 (VARIETY JAPAN + PLUS)
デンゼル・ワシントン新作、クリス・パインを交渉中」 (MTV JAPAN)

★『映画インタビュー:「スター・トレック」悪役ネロのエリック・バナ 「こんな役めったに出合えない」』 (毎日jp)

★「『ターミネーター4』アントン・イェルチン インタビュー」 (ムビコレ)

★レビュー:映画瓦版

★『「HEROES」のマシ・オカ原案の映画がドリームワークスによって映画化』 (シネマトゥデイ)
新作映画の脚本家コンビが製作

2009年06月10日

スタートレックを楽しむ方法 (5) 小説で読む

「スタートレックを楽しむ方法」最終回は、第4回の「DVD&BDで観る」に続いて小説です。

(5) 小説で読む

手軽度:★★★★
網羅度:★★
ボケネコ先生永遠に度:★★★★★
謎の精神寄生体
独特の表紙と挿絵も懐かしい

スタートレックの小説もたくさん刊行されています。
大きく分けて2種類があり、ノヴェライズとオリジナル小説があります。

スタートレックは元々映像作品ありきですから、ノヴェライズはあくまで小説化であり、原作ではありません。
もっとも脚本や編集段階でカットされた内容を含んでいることもあり、それはそれで興味深いものです。
オリジナルはノヴェライズより数が多く、米国では現在でも毎月のように新刊が続々と出ています。

スタートレックの世界では基本的に映像で描かれた事柄のみを正史として扱うため、仮にノヴェライズであっても正史にはなりえません。そのため設定などについて表記したり議論したりする際には、あくまで「小説では…」という前提が必要です。
とはいえ、文字で読むというのも想像が広がって楽しいもの。ノヴェライズは映像だけではわからない部分の補足になっていたり、オリジナルは小説ならではの面白い描写を満喫することができます。
レンタルの回の最後でも書いた通り、iPodなどの公式映像提供が始まっていない現状としては、ある意味「究極のモバイル・スタートレック」とも言えるかもしれません。

一覧は今回もスタートレック商品観測室を参照して頂くとして、幸いTOSは全てのエピソードがノヴェライズになっています。
一冊にたくさんの話が入っているのが特徴で、短編的な感覚で気軽に読めます。
新作映画でTOSに興味をもった方で「古い映像や別人の俳優はちょっと…」という場合でも、小説ならばその辺は関係ないわけで、最適といえば最適…かも。

13冊出ているノヴェライズを収録エピソードから人気順に並べると、ベスト5は
「謎の精神寄生体」
「地球上陸命令」
「暗闇の悪魔」
「見えざる破壊者」
「明日への帰還」
となります。特に「謎の精神寄生体」は収録話数も8話と多く、断トツで傑作選ですね。

そのほかオリジナル小説もあり、また映画は新作含め11作全てのノヴェライズがあります。TNG〜ENTの小説も、ノヴェライズとオリジナルともに発売されています。

DS9・VOY・新作映画の小説は角川ですが、そのほかはほぼ全てが早川書房から発売されていました。
入手法としては、いかんせん古い本が多いので新品は在庫限りでしょうが、ブックオフなどの中古書店だと安く手に入る場合もあります。Amazon.co.jpマーケットプレイスでは、1円 (+送料340円) という扱いも多いですね。


以上5回に渡って掲載した「スタートレックを楽しむ方法」、いかがだったでしょうか。
もちろんほかにもプラモ、CD、フィギュア、解説本、ウェブサイト、果てはコンベンションまで、グッズや手段はいくらでもあります。これから新作映画が起爆剤になってどこまで引っ張っていってくれるのか、実に楽しみです。

2009年06月09日

スタートレックを楽しむ方法 (4) DVD&BDボックスで観る

「スタートレックを楽しむ方法」第4回は、第3回の「DVDつき雑誌で観る」に続いてDVD&BDボックスです。

(4) DVD&BDボックスで観る
手軽度:★
網羅度:★★★★★
そろえるだけで満足してしまってる度:★★★★★

セルDVDは全てのシリーズが (幻のアニメ版「まんが宇宙大作戦」を含め) リリース済みです。
まんが宇宙大作戦
いろんな意味で面白い

限定版・通常版・セット商品・再販…と、とにかく種類がたくさんあり、ここで列挙しても仕方ないので、この度やっとで更新したスタートレック商品観測室を御覧下さい。

最高にして最後の手段ではありますが、年内に発売されたものを除いて新品では手に入れにくい状況にあります。ただ実店舗にはまだまだ残っていますし、もちろん中古やオークションという手もあります。くれぐれも定価の確認をお忘れなく。

これまでのレンタルDVD雑誌での視聴でも同じことが言えますが、
・字幕でも楽しめる
・吹き替えもステレオ以上で楽しめる (TOS・TNG・映画の一部除く)
・パイロット版・最終話などの2時間エピソードを、ノーカットで観られる

といった利点があります。

また既に先月からブルーレイ版のリリースが始まっており、TOS第1シーズンTOS映画6作はこのブログでもレポートを掲載しました。
残るTOSの2シーズン、TNG映画4作もほどなく発売されることは間違いないでしょうが、TNG以降のTVシリーズについては事情があるため、もしBlu-rayで出るとしても随分先の話と思われます。

TVシリーズはほとんどシーズン別に発売されているので、とりあえず順番を無視して一つだけボックスを買うとすれば、
TOS…第1シーズン
TNG…第5シーズン (TNGのみ半シーズンごとの廉価ボックスもあるため、そちらなら後半)
DS9…第6シーズン (といってもDS9は続き物なので、あまりオススメしませんが…)
VOY…第3シーズン
ENT…第1シーズン
という結果になりました (これもやはり Episode Promenade の投票より)。映画の人気順については「レンタルで観る」に掲載済みです。

なお、TOSTNGの傑作選DVDが今月末に (やや時機を逸して) 発売されるので、それも初めての方にはいいかもしれませんね。

映像について出尽くした…というわけで、最終回は「小説で読む」です。

2009年06月08日

スタートレックを楽しむ方法 (3) DVDつき雑誌で観る

「スタートレックを楽しむ方法」第3回は、第2回の「テレビ放送で観る」に続いてDVDつき雑誌です。

(3) DVDつき雑誌で観る

手軽度:★〜★★★
網羅度:★★
お布施が大変度:★★★★★

分冊百科の筆頭会社、デアゴスティーニからは「隔週刊 スタートレック ベストエピソード コレクション」が2006年から刊行中です。
全シリーズの中から3話ずつ収録したDVDが付録として収録されている雑誌で、一冊あたり 1,990円 (税込) です。
これを定期購読するのは出費的にかなり大変なのですが、特定の号だけ買うのは安くつくので初心者の方にもオススメです。
一応テーマ別に収録されていることになっているものの、「艦隊のクルー」ばかりになっていたりして、さほど関係ありません。本誌には日本語としては貴重な裏話が満載です。

今回も Episode Promenade の投票結果に基づき、これまでに発売された79号の収録エピソードを全て検証しました。一話だけ名作でも、ほかの話が足を引っ張っている場合も多々あります。

まずはTOSの収録号から、ベスト3。
1位:第65号 (08年11月11日発売)
第65号

ENT「戦場の絆」
ENT「反逆の法廷」
TOS「危険な過去への旅」

何と言っても「危険な〜」のおかげで見事ベストに。ほかはENTが2話ですが、悪い話ではありません。

記事の続きを読む

2009年06月07日

スタートレックを楽しむ方法 (2) テレビ放送で観る

「スタートレックを楽しむ方法」第2回は、第1回の「レンタルで観る」に続いてTV視聴です。

(2) テレビ放送で観る

手軽度:★★★〜★★★★★
網羅度:★〜★★★★
昔は地上波いっぱいあったのに度:★★★★★

まず、NHK BS2でTOSが放送中です。
BSオープニング(第1期)
第1期オープニング

放送日時は毎週土曜、夕方 17:00 からです。再放送が水曜 10:00 から行われています (時間変更あり)。
BS2なら契約済みという方、チューナーが既にあるという方も多いと思います。
放送されているのはデジタル・リマスター版であり、画質の向上は元より、当時の特撮を最新のCG技術で置き換える処理が行われています。そのため古い映像に抵抗のある場合でも、観やすくなっているのが特徴です (もちろん、船内のセットなどまで変更しているわけではありません)。

ただワイド放送にするため、本来の 4:3 の映像の上下がカットされています。
また既に未放送エピソードが少なくなっているため、残りの話は一般的に評価の低い第3シーズンばかりというのが残念なところです。

記事の続きを読む

2009年06月06日

スタートレックを楽しむ方法 (1) レンタルで観る

新作映画の公開から一週間経ちました。これまでスタートレックを知らなくても、過去作にも興味をもって「これから観てみよう」と思った方が多数いらっしゃる……と信じたいので、これから5回に分けて「スタートレックを楽しむ方法」を紹介したいと思います。

基礎的な知識として、これまでの5つのTVシリーズと10本の映画については、ここでは割愛しますので右カラムの「略語&シリーズ解説」を御覧下さい (携帯で閲覧の場合は観られません、すみません)。以下の説明でも略語を多用します。

(1) レンタルで観る
手軽度:★★★★
網羅度:★
探しても映画しか置いてない度:★★★★

やはりとりあえずDVDレンタル、という方は多いかと思われます。
借りやすいのは映画です。普通は、洋画のSFコーナーを探せばいいはずです。
映画の公開時邦題ではシリーズ作品ということが隠されていたりしますが、DVDは「スター・トレック」始まりで統一されています。ただ、たまに違うところに置いてあることも。
と言っても最近は映画すら揃ってないこともあったりして、悲しいものです。
TSUTAYA DISCAS楽天レンタルぽすれんDMMといったオンラインレンタルなら大丈夫です。

新作映画は紛れもなくTOSネタですから、映画ではTMP〜ST6の6作が該当します。
もちろん順番に観るのもよし。でも映画自体がそもそもTVシリーズの「その後」として作られているので、TMPであっても最初であって最初ではありません。

では、どれがオススメなのか。右カラムにも一部は評価と、「偶数作は名作」ジンクスについて触れてはいます。当サイト U.S.S. Kyushu 内 Episode Promenade での現時点の映画投票数 (計527票) に基づき、平均点・総合点の両方の順位が高い方から並べると以下のようになります。

1位:ST6「未知の世界」

記事の続きを読む

ST11/プレミア、カレンダー、記事

メキシコのプレミア (TrekMovie.com)
Terra

2010年用カレンダー、新作映画版も発売
TrekMovie.com には、すでに予約中だった Ships of the Line および TOS版の表紙なども掲載されています。
Ships of the Line 2010年


★『「スター・トレック」監督のJ・J・エイブラムス カーク役のクリス・パイン』 (YOMIURI ONLINE)

★『「スター・トレック」クリス・パインが、デンゼル・ワシントンと共演』 (eiga.com)

チェコフ役アントン・イェルチン、「ターミネーター4」プレミアで来日 (eiga.com)

★「ネタ切れハリウッド苦肉の策!? 『スター・トレック』の新たなる始まり」 (日刊サイゾー)

2009年06月04日

ST11/日本成績、デザイン画など

eiga.com によると、「スター・トレック」のオープニング成績は 3日間 (5月29日(金) 含む) で、動員15万1000人、興収1億9105万円だったそうです。
最終的には10億円未満だろうという予想を出しています。

デザイナー James Clyne が構想画を公開
Naradaデザイン

"Star Trek (XI)" から閲覧できます。 TrekMovie.com にインタビューが掲載されています。

★『若き日の航海 新たな歴史が始まる 映画「スター・トレック」』 (MSN産経ニュース)

★「ウィノナ・ライダー、スポックの母役に参考にしたのはマーロン・ブランド!」 (eiga.com)

★レビュー
So-net
スポーツ報知大阪版

★「AKB48の前田敦子が語る、女性目線の『スター・トレック』の魅力」 (日経トレンディネット)

2009年06月03日

初レディースデー記念、DOSSIERSの紹介

今日は水曜日、ほとんどの劇場で女性は1,000円で鑑賞できます。
映画の日に掲載した脚本家のインタビューに続き、今回もネタバレ情報として米公式サイトのDOSSIERS (調査書類) コーナーを紹介します。

従来の設定と同じところも、映画の設定を補佐する形になっているところもあり、なかなか面白いですね。
それぞれの画像は壁紙にもなっています。

カーク


記事の続きを読む

2009年06月01日

今日は映画の日! 脚本家が明かす裏設定

本日は6月1日、俗に言う「映画の日」です。基本的に全ての映画館では、1,000円で鑑賞することができます。
平日ではありますが、公開直後に安く観られるのは大変喜ばしいことです。当初の予定の 6月6日公開とかだったら、次の1日までもたなかった可能性もあるので…。

というわけで「スター・トレック」を一度観た方向けのネタバレ情報として、先日 TrekMovie.com に掲載された脚本家ロベルト・オーチー&アレックス・カーツマンの Q&A から、興味深い点を列挙してみたいと思います。

記事の続きを読む

2009年05月30日

劇場グッズ

早速劇場でグッズ類を買ってきました。フルービーでは通販で購入することもできます (パンフ除く)。

まずはお決まりのパンフレット、700円。
パンフレット
パンフレット裏

光沢感のある表紙で、中身も卒のない出来になっているようです。お遊び部分はほとんどなく、至って真面目な作りですね。

記事の続きを読む
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。